家を買うなら「新築」と「中古」どっちがおすすめ?メリット・デメリット比較

住宅探しも次第に具体的になってきたところで、今度は新しい選択肢として「新築」と「戸建て」どっちがいいのだろう?という疑問が湧いてきたので検証してみました。

新築物件のメリット

・全部が新品

新築における一番のメリットではないでしょうか。誰の手垢も付いていない自分だけのもので新しくて綺麗でワクワクします。

・カスタム性が高い

戸建ての場合は注文住宅を選ぶことで自分の理想通りの家を建てることが可能です。マンションや戸建て建売の場合でもオプションの家具や壁紙の色、キッチンの作業台の高さなど自由に選択できます。

・10年保証がついてくる

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」によって新築物件には”10年間の瑕疵保証”を受ける権利がついてきます。つまり、住んでみないとわからないような欠陥が購入後に発見された場合でも、10年間は保証される仕組みになっているので安心ということです。

中古物件のメリット

・新築より安い

住宅は基本的には築年数の経過とともに販売価格が下がっていくので、新築で購入するよりも築年数の古い中古物件の方がおトクです。
※ただし、築年数の比較的浅い物件によっては、新築時の購入価格を上回る場合もある。販売価格は基本的に売主が希望を伝え、販売会社と相談した上で決まるので、分譲価格は様々であり、めちゃくちゃお得に買える場合もあればそうでない場合もある。

・実際に物件を見てから買える

新築マンションを購入しようと思った場合、人気の物件はモデルルームを見ただけで買うかどうか決定しなければなりません。室内だけならともかく、共有部分のつくりや雰囲気などはぶっちゃけ建ってみないとわからないということです。建設後でもまだ購入できる物件は、基本的には”建設前に売り切れなかった物件”ということで、中は見れても「万人受けする物件ではない」ということでしょう。

新築物件のデメリット

・高い

新築の物件というのは売れないと大変なことになるので頑張って広告を出して宣伝をするので、その広告宣伝費はまるまる分譲価格にのっかってしまいます
余談ですが、諸外国では”家”というのは中古で買ったり子どもに残したり賃貸に出したりして何十年以上も住み続けられることが多いです。日本は地震が多いことと、それにともなって石造りが難しいので軽くて丈夫で安価な木造が主流ですが、石造りに比べて木造は耐用年数が短いので頻繁に建て替える必要が生じます。それによって住宅は世帯にひとつ新築で建てるものというマイホーム主義が流行っています。しかし、その新築というブランドは高いものになります

中古物件のデメリット

・古い

言わずもがな新築で購入するよりは必ず古いです。建物だけでなく中の設備や水道などのインフラ設備まですべてが古いです。住宅設備にも流行り廃りがあるので、この家なんかちょっと古臭いなんていうことにもなりかねません。

・前に住んでいた人がどんな使い方をしていたかわからない

車で例えるなら、こまめにエンジンオイルを交換してあげないと車はすぐに傷んでダメになってしまいます。家も同じで定期的なメンテナンスが様々なところで必要になってきますが、前の住人がきちんとメンテナンスをしてくれていたかどうかはわかりません。これはもう信用できる人から買うしかないということになります。

・コミュニティに後から参加しなければならない

ご近所さんにとっては後から来た新しい住人の認識が”中古を買って引っ越してきた人”ということになります。それが特に何かを意味するものではないですが、気にする人はやめておいたほうがいいかもしれません。

メリット・デメリットを考えだしたら本当に一長一短だなと思います。その人の性格や生活スタイルも大きく関係してくると思うので、自分は”新築派”か”中古派”か一度考えてみてもいいかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ 

シェアお願いします。

SNSやってます。