LCC航空券の姓名を逆に入力してしまった!でも大丈夫!?その対処法は???

LCCはローコストキャリアと言われていて、航空券を早めに予約することや、無料サービスを廃止し、サービスを有料することなどによって非常に安く航空券を手に入れることができます。

ただし、LCCを利用する際に注意点があります。

それは、予約の変更ができないこと。

日時の変更はもちろん、振り替えも、搭乗人物の変更や氏名の変更、性別の変更など、すべての変更が一切できません。

予約の変更ができるプランもある

LCCの航空券でも最初から予約変更可のプランで航空券を予約することもできます。

ただし、それでは料金がかなり高くなってしまってLCCのメリットが十分に活かせません。

なのでほとんどの方はLCCの航空券を予約する際は、変更不可のプランで予約すると思います。私たちもそうでした。

しかし、その結果、私たちは大変なこのになってしまったのです。

なんと予約の際にパスポートの情報を入力するのですが、なんと、苗字と名前を逆に入力したまま予約をしてしまっていたのです!!!爆

いつ気付いた?

私たちが購入していた航空券というのは『Scoot(スクート)』と言って、シンガポールを拠点に運航しているシンガポールの格安航空会社の航空券だったのですが、スカイスキャナで航空券を検索していたら『DeNAトラベル』経由で航空券が最安値で買えるということで、DeNAトラベルから航空券の予約をしていたのです。

すると、予約完了してから約1週間後にDeNAトラベルから1通のメールが届いていました。

タイトル:予約に関するお知らせ

以下内容

ご予約いただいております航空券のお名前を【TAROU/YAMADA】(仮名)様とご入力いただいておりますが、姓・名逆ではございませんでしょうか。通常航空券のお名前は【姓・名】となります。航空券のお名前の訂正は航空会社が認めていないため、弊社では承ることができませんが、今回ご予約いただいておりますスクートは、航空会社にて変更が可能な場合もございます。姓名逆の場合は、お手数ではございますが、直接スクートへご確認ください。

なんてこった/(^o^)\ナンテコッタ

まさかのありがちなミスをやってしまっていました。

そしてDeNAトラベルからのメールが届いていなかったら確実に気付かないままでした。この点ではDeNAトラベルに感謝しかありません。

そもそもなぜ間違えて入力したの?

すごいありがちなミスっぽいんですが、なぜ、こんな凡ミスをしてしまったのか!

それは【日本の旅行代理店経由で予約したから】これに尽きます。

そもそも、私たちは今回の世界一周旅行のために全部で8フライト分の予約していたのですが、こんな凡ミスをしてしまったのはこの1枚のみ。

なぜだろうと考えてみたところ、海外の旅行代理店や航空会社から直接チケットを予約する際は入力画面が、

【ファーストネーム(名)】【ラストネーム・ファミリーネーム(姓)】

の順になっていることが多い(というか、ほとんんどがそう)のですが、日本の旅行代理店は親切にも日本風に

【ラストネーム・ファミリーネーム(姓)】【ファーストネーム(名)】

の順番で入力させる画面配置になっているのです。

ただ、パスポートの表記は【ファーストネーム(名)】【ラストネーム・ファミリーネーム(姓)】になっているので、ここで気を抜くと日本の旅行代理店の親切が逆に仇となって返ってきてしまうというわけです。

なんてこった/(^o^)\ナンテコッタ

完全に自分たちが悪いのですが、皆さんも先入観にとらわれずに予約してください。

また、このように姓名が逆に表示される旅行代理店はDeNAトラベル以外にも【Expedia(エクスペディア)】でも確認できました。

エクスペディアは日本の会社ではないですが、かなり大きな旅行会社なので日本仕様にわざわざ変更してくれているのだと思います。

予約を変更する方法は?

DeNAトラベルからのメールには「直接スクートへご確認ください」と書いてあったので、とりあえずスクートのホームぺージを確認したところ、氏名の変更は手数料がかかるものの8,800円で変更可能であるということがわかりました。

他の航空会社では予約の変更は一切受け付けていないところが多いので、このような柔軟な対応をとってもらえる航空会社は珍しいと思います。

ただ!名前と苗字を反対にするだけで1万円近く払わなければならないのはいやだ、、、登場人物が変わるわけでもく、太郎山田という名前の日本人なんていないだろうに。。。

すがる思いで一度スクートに直接問い合わせをしてみることにしました。

スクートに問い合わせ

スクートのホームページをみてみると、なんと日本語デスクが完備されているではないですか!!!

以下、日本の電話対応詳細

日本語対応:月曜日~日曜日 午前9時~午後9時(日本時間)

英語対応:月曜日~日曜日 24時間

すごいです、ほぼ毎日、つながります。ちょうど平日の昼間だったのでさっそく電話してみました。

『ハロー、ウィーアースクート、マイネームイズ%&’&%$#』(みたいな感じ)

????????

英語やんけ。そして誰や。名前が聞き取れない。

シンガポールなまり?の入った英語でしかも電話越しのノイズの入った声だったので何を言っているのかよくわからず。

たまたま平日に有給を取っていたぬまもん(旦那)に電話してもらったのですが、結構英語が得意いな旦那氏でもしどろもどろという感じでした。

とにかくこちらからは『苗字と名前を逆に入力してしまったから、可能なら変更したい』と伝えると『日本語のわかる担当者から電話をかけなおすので、少し待ってほしい』と言われました。

『いつくらいに電話をもらえますか?』と聞いたところ『今日中』というので、いったん電話を切って待ちました。

しかし、待てど暮らせど電話はなし。時差かな?と思っても次の日も電話はこない。

あきらめて8,800円払って変更しようかなと思っていたところ、3日後くらいに日本語を話せるおそらく海外の方から電話がり、『名前の変更が可能なので、変更しておきます。またインターネットでログインして確認しておいてください』と言われました。

スクートのことがいっきに好きになりました(笑)

まとめ

今回はスクートのご厚意でなんとか手数料を支払うことなく氏名の変更をやっていただけたのですが、もしかすると担当の人が違うと無理かもしれないですし、他の航空会社では取り合ってくれないところも多いようなので、まず何よりも入力ミスをしないことが一番ですので、みなさんも海外のLCC航空券を予約する際には最新の注意を払って、入力後の確認をお忘れなく!

では!!

ランキングに参加しています。クリックお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 航空券・格安航空券へ 

シェアお願いします。

SNSやってます。