住宅購入までにやっておくべきこと(モデルルーム・モデルハウス見学編)

前回の記事では「住宅購入までにやっておくべきこと(情報収集編)」ということで

1 「戸建て」か「マンション」かを決定
2 地価の調査
3 金利の調査

についてご紹介しました。

ここまでで、なんとなく情報収集ができたところで、次第に住宅の購買意欲が湧いてきた私たちですが、家を買うというのはスーパーでトマトを買うような簡単なことではないので、これから先、何から始めたらよいのかよくわからないというような状態になってしまいました。

そこで、私たちはとりあえず不動産会社が行っている『新築マンションのモデルルーム見学』に申し込んでみることにしました。

新築マンションのモデルルーム見学

結果から言うと、まず最初にモデルルーム見学に行ったこの選択はとてもよかったように思います。家を買うということに対して”ぼんやり”としかもてていなかったイメージが、このモデルルーム見学でだいぶ明白になったという感じです。

モデルルーム見学の申し込み方法

①インターネットで検索してみる

スーモなどの住宅情報サイトで気になった物件を選択するとモデルルームを公開中の物件なら見学申し込みをすることができます。

②チラシに記載されている不動産会社に電話してみる

自宅のポストに時々入っている物件情報のチラシを見かけたことがあるかもしれませんが、そのチラシに載っている物件で気に入った物件があれば問い合わせてみるとモデルルームの見学ができることがあります。

③モデルルームに直接問い合わせる

街を歩いているとモデルハウスやモデルルーム公開中!という看板や建物を見かけたことはないでしょうか?実際のマンションはそこにはないけれど、実際の間取りに近い形のモデルルームを仮設で用意しているところもあります。

また、受付だけそこで済ませた後、実際のマンションの一部屋をモデルルームとして公開している場合もあります。

どちらの場合も看板に書いてある電話番号に電話すれば見学の予約を取ることができます。
もし、家を購入する予定の場所が今住んでいる場所と近い場合は近所で公開中のモデルルームがないか調べてみてもいいかもしれません。

④予約なし!飛び込みで行ってみる

これはレアなケースかもしれませんが、予約なしで直接モデルルームに行ってみて、予約が詰まっていないとその場で見学させてもらえるケースもあります。

実は私たち夫婦がこの場合で、きちんと予約を取ることなく、飛び込みのような形でモデルルーム見学にいきました。

賃貸で住んでいた場所の近くに家が欲しいなと日々思っていたところ、ふと車でドライブしていたらモデルルーム見学の文字が飛び込んで来たのです。

試しに電話をしてみたところ今から見学できますよと言われたのですぐに行ってみることにしました(笑)

たまたまその時間、予約が入っていなかったからよかったですが、できれば予約して行った方が不動産会社の方の迷惑にもならないですし、自分たちもゆっくり見学ができるのでモデルルーム見学は事前予約をおすすめします。

モデルルーム見学の流れ

私たちが実際に行ってみたときの流れについてご紹介します。

受付用紙記入

着いたらまず、間仕切りで仕切られた小部屋に通され、そこで受付用紙の記入が始まります。

用紙の中身としては、「希望する物件の予算」「希望する場所」「間取り」「住宅購入の際に優先する項目調査」などがまず書いてありました。

その他にも、家を購入するとなったときに「ローンは利用する予定か」「頭金をいくら用意するつもりか」「年収」「転職歴」「職業」「親からの融資額」「他に借金はないか」など、結構踏み込んだ質問がビッシリと書いてありました(笑)

すごい個人情報の塊だなと思ったのですが、実際に家を購入するとなると必ず必要となってくる情報なので、ある程度覚悟(?)していった方がいいかなと思います。

物件の概要の説明

物件が「どんな場所に建っているか」「周辺の環境はどんなものか」「徒歩圏内に病院や公園、スーパーなどの施設があるか」「市街地からのアクセス方法と時間」「駅からのアクセス」などを地図や模型、DVDなどを使ってていねいに教えていただけます。

また、最初に記入した受付用紙を元に、「職場からの通勤時間がだいたいどのくらいになるか」「私たちが購入したいと思っている条件にしっかりとあてはまっているか」などを調べてもらえます。

モデルルームの見学

実際にモデルルームの見学を行います。マンションにも様々なタイプの間取りがあるので、必ずしも希望通りの間取りが見学できるとは言えませんが、天井の高さやバルコニーの広さなど、ネットでみるだけじゃあまりピンとこないところの見学ができます。

相談会

これはその不動産会社にもよるのでしょうが、わたしたちが訪問させてもらった不動産会社では、初めてのモデルルーム見学であることを伝えると、住宅の購入に関わる様々な相談にとても親身になって乗ってもらえました。

住む場所もだいたいこの辺りがいいかな~とぼんやり考えている段階だったのですが、「そこはこんな地域で、閑静な住宅街を希望するならぶっちゃけここはやめておいた方がいいですよ」や「この地域ならこの駅かこの駅がいいですね、この駅はこんな理由で辞めといたほうが良いです」など、そのマンションとはまったく関係のない情報まで教えていただけました。これは不動産会社にもよるのかもしれませんが、親切な不動産会社に当たれば”個人では知ることのできにくい不動産会社ならではの様々な情報”を教えてもらえます。

さいごに

結局、その見学にいったマンションは購入するにいたらなかったのですが、この見学は本当に行ってよかったなと思っています。

しかも、モデルルーム見学はいろいろな不動産会社で行われていて、見学に行くとお菓子や粗品などをプレゼントしてくれるところも多く、試しに行ってみるだけの価値はあると思います。

また、マンションの見学は一度行くと、その後ひつこく勧誘などをされるのかなと思っていたのですが、そういうことは一切されませんでした

とてもいい物件だったのですが、まだ初めての見学だったこともあり、悩んでいたら、一生に一度の買い物なので何件か見学されたらいですよと言っていただけまいた。

モデルルーム見学では見学だけではなく、プロの不動産会社の方に無料で相談に乗っていただけたりもするので、ぜひ一度足を運んでみてください!

では!

ランキングに参加しています。クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ 

シェアお願いします。

SNSやってます。