【軽自動車の名義変更をやってみた③】申請依頼書の書き方

軽自動車の名義変更(軽自動車の譲渡)を行うにあたり、

【「私の妹」→「私の旦那」に軽自動車の名義が移る】

という手続きを「私」が代理で行いました。

本人ら以外が手続きを行う際は【申請依頼書】(委任状)というものを以前に用意しておいて当日窓口に持参しなければなりません。

そこで申請依頼書の書き方を図で紹介したいと思います。

申請書類のダウンロード

申請依頼書のダウンロードはこちらから(全国共通)

→ 申請依頼書のダウンロード

申請依頼書の書き方の例

f:id:nhirodx:20180117165632j:plain

代理人新使用者(新所有者)、旧所有者の氏名と住所を記入します。

印鑑は認印を押します。(※ときどき実印でないといけないと書かれたサイトがありますが、実際は認印で大丈夫でした。)

手続きの番号は『2.自動車検査証記入申請』に〇をします。

車両番号車台番号は車検証に書かれてある通りに記入します。

以上が申請依頼書(委任状)の書き方です。

めちゃくちゃ簡単です。

申請費用

申請書類は無料です。この書類を持参して手続きを行った場合、申請費用も無料です。

※ただしナンバープレートを変更する場合はナンバープレート代が必要

軽自動車の名義変更の手続きを業者に依頼した場合、1万円~1万5千円くらい費用がかかるので、自分で手続きをすることをおすすめします^^

では!

シェアお願いします。

SNSやってます。